一般媒介契約の利点


専属専任媒介契約、専任媒介契約が、売却依頼を1社のみとの間で契約しなければならないものであるのに対し、一般媒介契約は複数の業者へ依頼することが可能となっています。上限はないため、それこそ満足のいくまで何社に依頼しても問題ありません。まずこの点が、他の2つとの大きな違いに挙げられます。

お家君そうなると、迷うことなく一般媒介契約を選べば問題ないようにも思えるかもしれませんが、そうでもありません。効率的に、かつより好条件で家を売る場合、他の2つの方が基本的に魅力的です。
なぜなら、レインズというネットワークを通して、圏内における数千~数万にも及ぶ不動産業者で幅広く買い手を探せるためです。それでもなお一般媒介契約がスピーディーとなるケースは、ニーズの高い家を売る場合です。
むしろ買い手が喜んで買い取りたいと業者の営業が押し寄せてくるほどの物件となれば、レインズ登録や業務処理状況報告義務が伴わない一般媒介契約の方が理想的となるためです。

一点ポイントとなるのは、複数業者に依頼をする場合、売り出し価格は一定にしなければならないという点です。家のニーズが高く、さらに価格以上にスピード感を重視したい、そんな場合こそ魅力的な契約となります。


契約形態にこだわろう


家を売る際の契約について、ご存知でしょうか。多くの人は、あまりよく知らないかと思われます。前述の通り、家は人生を通して見てもトップクラスの資産となるのが一般的です。そのため、売買経験が豊富な人というのは、ほとんどいないはずです。不動産関連の仕事をしている、もしくは、親族や知り合いにそういった職業の人がいるケースぐらいでしょうか。

とはいえ、そこまで深く考える必要もありません。売却時の契約は、主に3種類となっているためです。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約のそれぞれです。そしてこの3種類もまた、大きく2つに分類できます。それは、指定流通機構レインズこと物件情報ネットワークシステムの登録義務、そして業務処理状況報告の義務それぞれが必要となるかどうかです。

範囲これら義務にも、メリットはあります。
レインズを使用すれば、圏内の幅広いエリアで買い手が探せます。また業務処理状況報告は、依頼する側として安心感が感じられます。
ですが一方で、スピーディーな売却をおこなうにあたり、これらはプラスアルファの作業となるため、速さを意識する上ではあまり理想的といえません。

そこでおすすめなのが、3種の中で唯一前述の義務が伴わない、一般媒介契約です。
特徴を理解してうまく役立てれば、スピード重視の人に適した売り方が可能となります。
次項にて、より詳しくご紹介します。